炎の伝統行事

 ゆっくりと日本列島を縦断していった台風5号の影響で、
舞鶴でも長い時間暴風雨となりました。
 各地で様々な被害をもたらしました。
いつも思う事ですが、自然の力は偉大です。
今後も出来る限りの対策をして、被害が出ないようにしていきたいと思います。

 さて今回は、炎にまつわる舞鶴の伝統行事を2つご紹介します。

 1つ目は8月14日(月)に行われる城屋の揚松明です。
西舞鶴地区にある城屋の雨引神社で行われる、大蛇退治の伝説による祭礼です。20時ごろに氏子が集まり川で身を清めたのち、
22時ごろからは16m以上ある大松明に向かって、火のついた
小松明を投げ点火させます。充分に火が回った大松明を氏子たちが
倒す様子は必見です。

 2つ目は吉原の万灯籠です。
こちらは8月16日(水)・19時ごろから始まります。
同じく西舞鶴地区の漁師まち吉原の伝統行事で、竹で作られた
高さ18mの万灯籠に愛宕神社から運んできた神火を点火し、
伊佐津川の中に立てて回転させます。
勇壮で幻想的なお祭りです。
 8月12日(土)申込締め切りの吉原の万灯籠観覧とまち歩きツアーでは、吉原入り江などの風景やスイーツも一緒に楽しめる内容と
なっています。
くわしくはまいづる広域観光公社までお問い合わせください。

 舞鶴の伝統行事をぜひお楽しみください
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞鶴アーバンホテル

Author:舞鶴アーバンホテル
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR